Study

[study] リスティング広告 SEO

リスティング広告 SEO

集客のスピード

(短期的) 出稿してすぐに検索エンジンの検索結果画面に表示することが可能。 検索結果に上位表示させるには、通常数ヶ月かかる。

(キーワードにより格差あり)

費用 広告がクリックされるごとに課金。

(キーワードにより格差あり) 自社ですべて対応する場合は

コストゼロ。

専門会社に委託する場合は

月額で数万~数十万。

集客の安定性 検索エンジンのアルゴリズムに影響受けないので、安定的な表示が可能。

ただし、競合が多いワードは価格が高騰し、上位表示が難しい場合もある。 アルゴリズムにより、順位が大きく変動する場合あり。

ただし、きちんと対策を継続していれば、一度上位表示された後は、安定する場合も多い。

Webでアクセスを増やす方法

(主な種類)

1. 検索エンジン関連

• PPC広告(検索連動型広告)

• SEO対策(検索エンジン最適化対策)

•  ネットワークディスプレイ広告

• リマーケティング広告

2.その他のWeb広告

• Facebook広告

• メルマガ広告

• YouTube広告 etc

3.ソーシャルメディア

• ブログ

• Facebook

• メールマガジン(ステップメール)

• Line, Twitter, インスタグラム etc

PPC広告とSEOの違い

SEOキーワードの選び方

• PPC広告でクリック数やコンバージョンが高いワードを選定するのがベスト

• できるだけ競合が少なく、検索ボリュームが高く、クリック単価が低いキーワードを選ぶ

• Google広告のサポートツール(キーワードプランナー)を活用

https://adwords.google.co.jp/KeywordPlanner

• 同業他社のSEO状況を調べる

http://seocheki.net/

• キーワードの予想アクセスを調べてみる

http://aramakijake.jp/

内部対策

サイトへのキーワード設置(どこにキーワードを入れたら良いのか)

• <Title(タイトル)>

• <ディスクリプション>

• <h1 タグ>

• ページ記事

それぞれの場所に、対象キーワードを適切に設置する

■サイトを定期的に更新し、ページ数を増やす

• ブログ(例:Wordpress =ワードプレス等)

• ニュースリリース(お知らせ)等の定期掲載

• <パンダ>・アップデート

Google検索が「品質が良いサイト」の順位を上げて、「品質が悪いサイト」の順位を下げるために行う、サイト評価基準の一つ。

 サイトにオリジナル性があるか?

 サイト内のバナーの量は適切か?

 コンテンツは充実しているか?

• <ペンギン>・アップデート

• スパム行為やウェブマスター向けガイドラインに著しく違反している  Webページに対して検索結果の順位を下げる

●Wordpressのメリット・デメリット

<メリット>

• カスタマイズがかなり自由

• 様々なプラグイン(拡張機能)が使える

• 後からSEO効果が高くなる傾向

• 短くて覚えやすい独自ドメイン(URL)が使える

• 運営が自分で管理できる

<デメリット>

• 初心者にはやや難しい

• 初期費用・維持費が発生する

• 無料ブログに比べ、初めはSEO効果が低い

• バージョンアップなどのメンテナンスは全て自分で行う必要がある

●ブログによる集客法

• <専門性>があるブログテーマ(単なる日記にはしない)

• ユーザに役立つ情報(特に見出しタイトル)

• その中に<対象キーワード>を入れる(SEO対策)

• できるだけ定期的に更新する(最低週1回)

• Facebookなどソーシャルメディアとの連携

• まずは(100)記事以上をアップ

成功例) https://ameblo.jp/art-sketch-cafe/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です